債権回収と費用


企業や個人に対し、いくらかの債権が発生した場合、本来なら返済されるはずが、いつまでたっても返済されないことがあります。当然債権がそのままだと、こちらの資産が消滅することになるので、そうならないよう、きちんと債権回収を行いましょう。債権回収を行う際は、弁護士に依頼して法的な取引を行うことで、強制力を持った回収を行えますが、その際に気をつけたいのが、債権回収にかかる費用です。なるべく安く債権回収を依頼するにはどうするべきなのでしょうか。

債権回収によって発生する費用は、依頼する弁護士によって多少変化はありますが、大まかに分けて相談料や着手金、成功報酬や実費の4つに区分されます。いずれも回収までに時間がかかったり、作業が複雑化したりすると金額が上がることが多く、多くの債権を訴訟を起こして回収した場合は、費用は大きく増えるでしょう。また依頼する法律事務所によっても、報酬は細かく変化するので、複数の法律事務所の情報を調べ、どの程度の費用がかかりそうか調べておいたほうが良いでしょう。

債権回収による費用を減らすには、法律事務所が用意しているサービスなども利用しましょう。例えば着手金は、弁護士に依頼する際の費用で、場合によっては数十万円にも上ることがありますが、着手金を無料にする事務所も多く見られます。無料になる条件は事務所によって異なり、債権の額が大きい場合は無料になるところもあれば、大きなトラブルでない場合のみ無料になるところもあるので、債権回収の内容によって相談先を変えるのも一つの手です。