穏便な解決を


個人にしろ企業にしろ、何かしらの債権を持っていて、回収が必要になった際は、法律事務所に相談してから回収に臨みましょう。当事者同士の話し合いだと、話を聞いてもらえなかったり、訴訟などをすることになっても、相手側の有利な条件をつけられるとも限りません。だからこそ専門の弁護士などにサポートしてもらうことは重要なのですが、法律事務所に相談する際はどうすれば費用を削減できるのでしょうか。

法律事務所に債権回収を依頼する際、特に気をつけたいのが依頼にかかる費用です。案件に対して費用が高すぎると、債権を回収しても損になってしまうので、債権の規模に応じて法律事務所を選びましょう。また債権回収の際、文書による催促など、段階を踏んで依頼することも大切です。基本的に法律事務所は、案件が大変なものになればなるほど報酬などを高く設定するので、経済的な負担が大きくならないよう、穏便な解決を目指しましょう。

債権額に注意するには、着手金などが安くなるサービスを提供しているかどうかにも気をつけましょう。裁判を起こすような大きな騒ぎにならなければ、着手金を無料にするなど、法律事務所によって、着手金の割引には何らかの条件が設定されています。それに注目すれば、費用を最小限に抑えつつ債権回収を行えるでしょう。